MIRAI NO MANABI ミライノマナビ

ミライノマナビコラム  ― そこが知りたい小学校英語

2019.10.4

第7回  小学校から育成される4技能 家庭学習でできることは?

高橋 美由紀

高橋 美由紀

博士(地域研究)
愛知教育大学大学院教育実践研究科教授および教育学研究科共同教科開発学専攻(博士課程)教授
外国語教育メディア学会副会長・小学校英語教育研究部会代表
世界の研究者が関わった「TOEFL Primary」のテスト開発会議に参加し、制作に携わる。 全国の小学校での外国語活動の指導助言や調査・研究を行う。
主な著書『小学校授業づくりのポイント』(2015)ジアース教育新社、『新しい小学校英語科教育法』(2011)協同出版

 

小学校英語は現中2レベル

20194月に実施された「全国学力テスト」では、初めて英語が導入されました。対象は中学3年生で「読むこと・聞くこと・書くこと・話すこと」の4技能について行われました。731日に公表された結果によると、平均正答率は、読む56.2%、聞く68.3%に対し、書く46.4%、話す30.8%でした。

聞くことや話すことの内容には、小学校外国語活動レベルのものもありました。例えば、「話される英語を聞いて、その内容を最も適切に表している絵を選ぶ」問題では、

“I get up at six every Sunday and take my dog for a walk.”

を聞き、get updogwalk等の単語が理解できれば、「少年が起きる絵⇒犬の散歩をしている絵」を解答することができます。また「表示されたイラストについての質問に英語で答える」問題では、英語での月と序数は何度も練習するため、

(1)When is her birthday?の質問に、“It’s July 2nd.” と容易に解答できると思われます。

いずれも平成31年度全国学力・学習状況調査問題より抜粋

 

現在中学校2年生終了時のレベルは、次期学習指導要領では小学校終了レベルとなります。

すなわち、上記の「学力テスト」の問題は、小学生で十分解答できる能力が育成されるということです。(外国語教育の抜本的強化のイメージ参照)

 

「外国語教育の抜本的強化のイメージ」文部科学省 平成29年11月13日 教育課程部会資料6より抜粋

 

伝え合い表現し合う 4技能を総合的に育成

これまで、小学校外国語活動は、外国語の言語や文化に興味を持ち、外国語に慣れ親しむことが目標でしたが、次期学習指導要領では、外国語教育は「何が出来るようになるか」という観点から、小・中・高等学校を通じて「聞くこと」「読むこと」「話すこと(やり取り・発表)」「書くこと」の目標が定められ、4技能を総合的に育成することになりました。

移行期の2018年度から文部科学省が配布する高学年用のテキストWe Can !』では、友達と自分の思いや考えを伝え合ってコミュニケーションする「聞くこと、話すことの言語活動」や、語順を意識しながら簡単な語句や基本的な表現を書き写したり、友達が書いた文を読んだりする「読むこと、書くことの言語活動」等があります。

例えば、友達と自分の思いや考えを伝え合ってコミュニケーションする活動として、

We Can !1』(5年生) Unit6の「お勧めの国を紹介しよう」があります。これまで外国語活動であった、単に「国名」を言うだけのやり取りに留まらず、「その国で何ができるのか?」を “You can see ~ .” “You can eat / drink ~.”  “You can buy .”等の表現を使用して話したり、その感想として、“exciting” “delicious” “beautiful” “great” “fun” 等で述べたりします

 

家庭でもできる4技能育成

家庭でも、自分の思いや考えを的確に言えることが大切です。児童が「絵や写真」を提示して、この絵の説明として、自分の感じたことを、“exciting” “delicious” “beautiful” “great” “fun”等の英語で表現する活動は、家庭でもできるでしょう。

「読む」「書く」活動では、「聞く」「話す」活動でまず慣れ親しんだ語彙や表現を、「読む」活動に繋げ、更に「書く(書き写す)」へと発展させてください

アルファベット文字が習得できたら、次は、初歩的な「読むこと」に関連する活動を行います。例えば、アルファベットカードで、意味のある言葉をつくる活動 「TV」「DVD」「JR」等、さらに、「cat, hat, rat」「hop, mop, pop」等、単語を構成する文字の組み合わせに気付かせる活動等もできます。

「書く」活動では、マザーグースの歌や絵本がとても役立ちます。簡単な語彙や繰り返しの表現が多く、児童にとって「読んでみよう」「おもしろい!」という教材を使用して、何度も一緒に歌ったり、読んだりします。例えば、“Humpty Dumpty sat on a wall.” を、文字をなぞりながら歌い、次に「Humpty Dumpty」を替えて、誰が座っているかを話し合って歌うことで、語順が意識できます。「This is a house Jack built.」も、絵本を活用しながら、後ろのページから前のページへと指し示しながら、チャンツのリズムで行うことで、関係代名詞の用法に気付くことができます。

また、『We Can !2』(6年生) Unit4「町のミニポスターを作ろう。」の活動では、自分の町の案内として、色々な施設を紹介するためのポスター作りをします。自分たちが町に欲しい施設(I want a big park)も掲載し、その理由(we don’t have a park. I like soccer.)についても書きます。

『We Can !2』(6年生)Unit4「町のミニポスターを作ろう。」(P.32)

 

家庭では、「町」を「家(部屋)」に替えて、「This is my house(room)!」として、自分の家や部屋について、家族でミニポスターを作ってみてはいかがでしょうか?

また、家庭内で「伝言板」を作り、家族の連絡を「英語でメモること」も、「読むこと」「書くこと」の活動につながると思います。

 

Anup

 

Category カテゴリ―