MIRAI NO MANABI ミライノマナビ

ホーム  ≫  自分も社会も幸せにする新時代のリーダーシップ教育甲南女子中学校(兵庫県 女子校)

<PR記事>

2019.10.1

自分も社会も幸せにする新時代のリーダーシップ教育
甲南女子中学校(兵庫県 女子校)

甲南女子中学校・高等学校
http://www.konan-gs.ed.jp/
神戸市東灘区森北町5-6-1 TEL 078-411-2531

入試説明会
第3回 11月10日(日)10:00~11:40
※説明会終了後、希望者に施設見学を実施

個別相談会 ※6年生限定
11月30日(土)14:00~16:00

(写真:スプリングセミナーでのアサーション・トレーニング)

 

「個性尊重」を創設時からの教育方針として一人ひとりの長所を伸ばしてきた甲南女子中学校・高等学校。今年より新たにアサーション・トレーニングをスタートさせた。さらにアサーションの考え方を基盤にして「新しい時代のリーダーシップ教育」への展開に取り組む。同校副校長・後田尚宏先生にお話を伺った。

 

私の思いを肯定するアサーション・トレーニング

甲南女子は今年から「アサーション・トレーニング」を取り入れた。自分の思いを断言的に主張する心理療法に由来し、そこから派生した「相手の気持ちを尊重しながら、自分の思いや考えを主張する」アサーティブ・コミュニケーションを身につける取り組みだ。これについて後田副校長は次のように話す。

「最初は、近年増加するSNS上での意見の衝突をどう解決していくのか、という観点から着目しました。ところが、この取り組みの本質をよく学んでいくと『自己肯定感を持って』『自分はどうありたいのか認識する』という中高時代に取り組むべき、生きていくための原動力につながることがわかりました。」

簡単な例を挙げると、友人に遊びに誘われたものの「行きたくない」あるいは「他にしたいことがある」としよう。不本意ながら付いて行き、後で落ち込むというのは、誰しも経験があるだろう。このような行為はアサーティブではない。自分の本心を自覚し、それを肯定した上で、相手が傷つかないように伝えるには、意識的な実践と経験の蓄積が重要になってくる。

「日常の生活の中で日々起こることが対象なので、決められた時間の中だけうまくできればいいというものではありません。本校教員にも基本的なマインドセットとして意識してもらい、生徒に接する際にそれぞれの生徒の『自分はどうありたいのか』に肯定的であるように努めてもらいたいと思っています。」

 

新しいリーダーシップのあり方

アサーションを基本的なマインドセットとしたことで、さらに得るものがあった。それは、新しい時代のリーダーシップ教育が明確になったことだ。

「これからの時代、組織には役職によらないリーダーシップ、いわゆる『シェアード・リーダーシップ』が求められます。チームの中に決められたリーダーが一人だけいるのではなく、それぞれが各自の強みを生かして、自分の得意分野でリーダーシップを発揮するような組織のあり方です。」

かつては組織といえば上意下達が基本であった。だが、情報共有の技術と共に組織のあり方は変化し、縦の命令伝達では個々の力を十分に引き出せないこともわかってきた。横につながった組織を生かすのは、状況に応じて誰もがリーダーシップを発揮し、補佐役もできる新しいチームのあり方だ。

「新しい時代のリーダーシップは、本校が目指す『個性尊重』そのものです。本校では、部活動や委員会活動、学校行事はもちろん、総合学習の探究型講座などで編成されるグループなど、たくさんのチームが作られ、生徒はいくつものチームに属しています。その中で、各自の個性を尊重する校風を大切にしてきました。ここにアサーションの考え方を加えて、本校独自のリーダーシップ教育として発展させて行きたいと考えています。」

定評ある「探求」の取り組み

 

目的のための手段としてICTツール導入へ

これらの新しい取り組みをさらに効果的にするために、一人一台のタブレット利用が検討されている。キャッチコピーは「つくる,つながる」だ。

つくるとは、自分の思いや考え、グループワーク自分ができるリーダーシップを認識することつながるとは、認識したものをさらに深めるための振り返りや共有、相互フィードバックなどです。これらをすべて紙ベースで行うのは難しい。ICTを活用することで、自分や他者、情報にタイムリーにアクセスしていくことは、生徒たちの主体的な姿勢を育てていくのに有効であると判断しました。AI時代が到来しても人間らしく生きるために大事なのは、自分の考えや判断であり、それを生かすためにICTツールを活用する、という本校のICTのポリシーも確立できました。」

自分はどうありたいのかを考えて、各自が自分の強みをリーダーシップとして発揮する。その活動をICTツールやAIが加速させる。自分も社会も幸せにする、この新しい人間教育の考え方は、来年100周年を迎える同校の新しい校風をつくるだろう。AI時代の人間教育をリードする考え方になるかもしれない。

人工芝グラウンドが完成

 

Category カテゴリ―