MIRAI NO MANABI ミライノマナビ

ホーム  ≫  [林佳孝 新校長インタビュー vol.2]新しい学びに小手先ではなく「中身」で正々堂々と挑む開明中学校(大阪府 共学)

<PR記事>

2020.12.4

[林佳孝 新校長インタビュー vol.2]新しい学びに小手先ではなく「中身」で正々堂々と挑む
開明中学校(大阪府 共学)

開明中学校・高等学校
https://www.kaimei.ed.jp/
大阪市城東区野江1-9-9 TEL 06-6932-4461(代)

 

中学校の開校以来、常に先を見据えた学校改革で関西圏の私学教育をリードしてきた開明中学校・高等学校。2020年4月、林佳孝先生が新たに校長に就任した。前回に引き続き、新校長が目指す開明の進む方向についてお聞きした。

 

時代を先取りした多彩な行事

2021年度より中学校で、2022年度より高校で、それぞれ新しい学習指導要領がスタートする。大きく変わるのは「思考力・判断力・表現力」や「学びへ向かう意欲」の重視と、アクティブラーニングや探究学習の推進だ。

「2014年に中央教育審議会の答申が出されて以来、アクティブラーニングが強調されてきましたが、本校では、それ以前から、多彩な行事や本物に触れる学びを積極的に進めていました。新しい学びには、これまでも十分取り組んできたと自負しています。」

同校の多彩な行事には、教科の学びにつながるものや、クラスの結束を高めるもの、精神力・体力の限界に挑戦するものなどがあり、それ自体がとてもアクティブな取り組みだ。

 

どんな入試になっても慌てず臨む

2021年度入試からセンター試験に変わって大学入学共通テストが導入される。従来の知識を問う問題ばかりではなく、新学習指導要領が目指す「思考力・判断力・表現力」や英語4技能が問われるとされている。

「私はセンター試験は、巷間で言われるほど悪い試験ではなかったと思っています。単なる暗記力だけを測るのではない面もあり、よく工夫されていました。今回、新テストの記述式の導入は見送られましたが、もし導入されたとしても、様々な制約の中での作問になり、本当にセンター試験以上の良問ができるのか、疑問を感じます。

その上で、新テストへの対応については不安はないという。

「本校をはじめ、国公立大学受験が前提の進学校では、もともとセンター試験のマーク方式と二次試験の記述式の両方の指導をしています。ですから、新テストがマーク方式であっても、記述式であっても、対応に困ることはありません。英語民間試験に関しても、以前から積極的に取り組んできたので、制度がどのように変更されても、慌てずに入試に臨めます。」

 

「話すべき中身」の基本は授業

学習指導要領が新しくなるということは、単に授業や大学入試が変わるだけではない。その先の社会で求められる力が変わるということなのだ。同校の考え方を教えていただいた。

「今後、社会で求められる能力は、幅広く深い知識と教養を身につけて、それを自分の言葉で発信する力です。たとえば、一般に日本の学生は、世界の若者と比べて意見を発することが苦手と言われています。これは英語力の問題ではありません。」

英語力の問題ではないとすれば、どこに問題の本質があるのだろうか? 林校長は次のように続ける。

「日本の若者に不足しているのは『話すべき中身』です。これは知識・教養の問題です。同じことはプレゼンテーションにも当てはまります。テクニックをいくら磨いても、話すべき知識・教養が不足していては、価値のある発表はできません。本校では、この『中身』を重視して、授業での発言の機会や、弁論大会・研究発表といった行事に取り組みながら、しっかりと知識・教養を身につけさせることを重視してきました。」

そのためにも基本となる授業の充実が欠かせないという。同校では、生徒が面白いと感じたり興味を持ったりする授業に磨きをかけるべく、教員が研鑽を重ねることにも力を入れている。

研究発表

 

ICTの役割と学校の役割

オンライン授業が注目され、学校でのICT活用が議論の的になっている中で、同校でもどのように対応していくかが課題になっている。

今後ますます、タブレットやスマートフォンを日常的に使っていた小学生が入学してきます。学習にICTツールを使うことが当たり前の時代になることは間違いないでしょう。新しい時代の生徒に合わせた学びは当然必要になります。」

その上で、林校長は、ICTツールがどれだけ便利になっても、人と人との関係が基本であることに変わりはないとも話す。

「いかに技術が進展しても、人が集まって何かを成し遂げるという経験は、今後も大きな価値を持ち続けます。オンラインだけでは、社会性を身につける経験やみんなとのやり取りの経験が十分でないと思います。これからの時代、そのような経験を積ませることが学校の重要な役割になっていくと考えています。」

電子黒板を使った授業

 

【授業見学会】

第5回:12月12日(土)

1回目 9時10分集合、2回目11時10分集合

 

Category カテゴリ―