MIRAI NO MANABI ミライノマナビ

ホーム  ≫  仲間がいるから乗り越えることができる——夜間歩行開明中学校(大阪府 共学校)

<PR記事>

2022.10.7

仲間がいるから乗り越えることができる——夜間歩行
開明中学校(大阪府 共学校)

開明中学校・高等学校
https://www.kaimei.ed.jp/
大阪市城東区野江1-9-9 06-6932-4461(代)

 

京都大学・特色入試の合格者数で全国1位となるなど、大阪府屈指の進学校である開明中学校・高等学校。豊富な行事を通した本物に触れる学びでも知られる。その中でも卒業生の記憶に最も残る名物行事「夜間歩行」を紹介する。入試広報部長・古庄誠先生にお話を聞いた。

 

3年ぶりの夜間歩行

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ7つの橋と、その間の島々からなる「しまなみ海道」。開明中学校の3年生は、ここを徒歩で渡る「夜間歩行」に挑戦する。生口島をスタート地点として、大三島、伯方島、大島と順に渡り、今治市までの43キロを一晩かけて歩く。

「夜間歩行は男子校時代からの伝統の行事です。自分一人の力では達成が難しいことでも、みんなと一緒なら乗り越えることができる経験を、との思いで始まりました。今でも出発前の決断式で、必ずこの意義を伝えています。」

「みんなと乗り越える」と気持ちを強くする出発式

古庄先生は夜間歩行の目的についてこう話す。同校の名物行事とも言える行事だが、コロナの影響で昨年、一昨年は実施できなかった。今年は3年ぶりの復活となった。

「卒業生が集まったり、本校に帰ってきたりした時に、話題となることが圧倒的に多い行事です。多くの卒業生が『みんなで歩いたから、しんどかったけど楽しかった』と話します。中高時代にしかできない貴重な経験です。」

 

我が子の成長を実感

生口島サンセットビーチで夕食のお弁当を食べると辺りは暗くなり、生徒たちはヘッドライトと夜光タスキを着用する。多々羅大橋を渡ると大三島。瀬戸港での休憩では美しい星空が眺められる。さらに大三島橋を渡った伯方島では、保護者が夜食を差し入れてくれる。

ここからが本当の「夜間」歩行

「例年は、豚汁の炊き出しですが、今年はコロナ対策のため、カップの豚汁になりました。たくさんの保護者の方にご協力をいただけることも、本校行事の特徴です。」

参加した保護者からは『我が子が音をあげずに歩く姿を見て、成長を実感した』『夜食を手渡した時に、感謝をきちんと言葉で伝えられるようになっていて、驚いた』などの感想があり、我が子の人間的成長を感じるようだ。

「中学3年生というと、生徒自身も大人として認めてもらいたい年頃で、保護者の方も接し方が難しい時期かもしれません。この時期に、行事を通して成長を認めることができるのは、その後の生徒の人生にとって大切なことではないでしょうか。」

 

心に残り続ける「みんなの力」と「挑戦した自信」

伯方・大島大橋を渡ると大島。夜半過ぎにもなり、疲れと眠気がピークの生徒たちの前に、しまなみ海道最大の難所である宮窪峠が立ちはだかる。そして峠を越えると、しまなみ海道の最後にして最長(4キロ)の来島海峡大橋。

最後のトンネル

「スタートしたばかりの頃は、楽しくおしゃべりをしたり、合唱したりしていた生徒たちも、この頃になると無言になります。来島海峡大橋は徒歩で1時間。向こう岸のゴールは見えているのに、歩いても歩いても近づかないように感じます。」

疲れがピークの時に、終わりがないように思える道を一歩一歩進むのは、精神力がかなり鍛えられるだろう。この行事を乗り越えられたなら、その後の学校生活での大きな自信になる。

「多くの生徒が、仲間がいることの力を体感します。一人ひとりの力は小さくても、みんなと一緒ならずっと大きな力を発揮できます。本校では、他の行事でも、この考え方を大切にしています。そして、大学受験に挑戦する場面でも、この経験は活かされています。」

ハードな行事だけに準備は万全に行う。前年の秋には、約半分の20キロの歩行を体験する。

「ほとんどの生徒は途中リタイアしません。一見体力のなさそうな生徒も『みんなでせっかくここまで来たのだから』と言って最後まで歩き切ります。全力を出し切った生徒の清々しい表情を見ると、この行事をやって本当に良かったと感じます。」

技術がどれだけ進歩しても、しまなみ海道を渡り切った達成感やそこから得られる自信、仲間との一体感は、本人が歩くことでしか感じることはできない。実際に挑戦したからこそ、生徒は成長できる。多くの卒業生の心に残り続けるのも、得たものが大きいからではないだろうか。

全力を出し切るから思い出になる

 

受験回数に応じて最大15点を加点

来年度中学入試では、2次(2023年1月17日)での加点を実施する。1次前期・1次後期A・1次後期Bを受験していた場合、1回につき合計点に5点が加点され、3回受験した場合は15点加点される。2次は、例年難易度が大きく上がる。「本校の教育をよく理解して、何度も挑戦した受験生を不利にしないため」と古庄先生。2次も来年度は妥協せずにチャレンジできる。

 

【授業見学会】申し込みは同校Webサイトより
第6回:10月29日(土)
※実施時間帯はお申し込みの際にご確認ください。

【放課後見学会】申し込みは同校Webサイトより
第5回:11月26日(土)
※実施時間帯はお申し込みの際にご確認ください。
※放課後学習会と施設見学(クラブ活動の見学はありません)。

【入試説明会】申し込みは同校Webサイトより
第3回:10月22日(土)
第4回:11月19日(土)
※各回いずれも14時集合、15時20分終了予定。
※説明会終了後、ご希望の方を対象に校内見学、個別相談を行います。

Category カテゴリ―